ダイヤモンドインフォメーション

ダイヤモンドの価値を決める4Cについて

ダイヤモンドは金などと違い、買った時より売る時の方が、高価になるという商品ではありません。売買の為に購入する方は少なく、ダイヤモンドを持っているという高揚する気持ちをもてたり、社会的なステータスを維持するために持つ方が多いです。

ダイヤモンドは原石の値段だけではなく、アクセサリーに加工した時の付属品によっても、相場が大きく変動します。また、宝石のカットのデザインでも相場が違い、流行りの形よりも定番の形の方が高価な場合が多いです。

ダイヤモンドは、4Cといって、キャラット、カラー、クラリティー、カットの4つから品質が評価され、相場にも違いが表れます。宝石が大きいから良いというものでは無く、色や透明度も高価な商品になる為に大きく左右する要素となっていますので、注意が必要です。 ダイヤモンドを購入した時に渡される、4Cを記載してある鑑定書は、宝石の価値を表す大切な書類なので、きちんと保管しておくことが重要です。